くすみ

MENU

クスミを克服するには

くすみを克服するにはくすみができにくい肌環境を心がけること、そして適切な対策を行っていくことが必要です。当たり前のように思えますが、じつはこれがなかなか難しいのです。

くすみには色々なタイプがある。それぞれに適切な対策を!

難しい理由はまずくすみにも色々なタイプがあること。メラニン色素の沈着によって生じるメラニンくすみ、肌の乾燥によって生じる乾燥くすみ、血行不良によって生じる血行不良くすみ、さらには老化がおもな原因で生じる糖化くすみなど。それぞれ原因も状態も解決方法も違うため、すべての種類が起こらないよう日々予防に努めるほか、もし生じてしまった場合には種類ごとに適切な対策方法を行っていく必要があります。

 

それからくすみは肌の老化と切っても切り離せない関係にあります。老化によって乾燥が進行することで乾燥くすみの原因となり、ターンオーバーが乱れることでメラニンくすみの原因となります。さらにバリア機能の低下が肌を不安定な状態にし、老化の進行やメラニン色素の増加を引き起こしてしまいます。ですからくすみを克服するためには老化の影響ができるだけ肌に及ばないよう、日々の生活の中でしっかりとケアしていくことが求められるわけです。
参照:美白化粧品の選び方 | 美白美容液

 

日々の生活環境で、くすみができにくい肌作りを!

こうした事情からスキンケアによる対策ももちろん重要ですが、日々の生活環境の中でくすみができにくい肌作りを行っていくことが大事です。紫外線対策はもちろんのこと、食生活の改善適度な運動も欠かせません。健康な肌作りに必要な栄養やエネルギーが不足しているとくすみができやすい状態になってしまいますし、運動不足は血行不良やターンオーバーの乱れの原因となります。

 

それからストレス疲労対策。ストレスと疲労の蓄積は血管を収縮させ血行不良の原因となります。それが血行不良くすみはもちろん、ターンオーバーの乱れによるメラニンくすくを引き起こす要因ともなります。スキンケアを中心にしつつ、生活習慣の中でトータルなくすみ対策を行っていけるかどうかが克服のポイントとなるでしょう。

更新履歴